福島喜晴 福岛喜晴

  • 简体中文名: 福岛喜晴
  • 别名: 福島良晴
  • 福島嘉晴
  • 福島善晴
  • 福島喜晴
  • ふくしま よしはる
  • 生日: 1959年4月12日

谁收藏了福島喜晴?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

日本のアニメーター。東京都出身。
ネオメディア出身、後に作画スタジオスタジオMINに参加し、現在はフリーで活動している。 演出の知吹愛弓とは従兄弟である。

「星銃士ビスマルク」、「魔法のスター マジカルエミ」といった作品の作画監督として知られるアニメーター。
80年代は可愛らしいキャラクターの描写を得意とするとともに、「プロジェクトA子」の担当パートに見られるようなダイナミックなアクション作画もこなした。

フリーアニメーター集団、スタジオMINの結成時(82年秋設立)からのメンバーの一人であり、
森山ゆうじ、北久保弘之、市川吉幸らと共に、91年の解散時にも同スタジオに席を置いている。(アニメージュ1995年10月号より)
80年代~90年代前半はスタジオぴえろを中心に活動した。

初期の代表作の一つである「うる星やつら」では、主にスタジオディーンのグロス回、スタジオイオのメンバーの参加回や、
ネオメディア時代からの同僚で、スタジオMINのメンバーでもあった森山ゆうじの作監回に原画として参加している。

同じく「うる星やつら」で原画を担当していた西島克彦とは当時交友があり、
西島が所属していたスタジオライブが編集した同人誌「らでぃっく」に、福島が寄稿をしたり、
西島の監督作「プロジェクトA子」に登場するC子のキャラクター原案や、劇場版の原画を福島が担当したりといった交流があった模様。

80年代前半~中盤にかけてはネオメディア時代の後輩にあたる伊藤浩二と同じ作品に参加することが多かった。
伊藤は「特装機兵ドルバック」の短編「激闘!パワードアーマー」において、「MIN」という文字が入ったショックコマを作画しているが、
その理由を「あれは福島さんがよく描いてたんで。じゃあ俺も描いてやろうって」と語っている。(「いまだから語れる80年代アニメ秘話~スーパーロボットの時代~」より)

最近参与

更多作品 »

吐槽箱