斉木楠雄のΨ難 第2期

ep.6 Ψ虎財閥の豪華クルーズ/斉木楠雄の遭難1/斉木楠雄の遭難2/斉木楠雄の遭難3/斉木楠雄の遭難4

时长:00:24:00 / 首播:2018-02-20
6.1 Ψ虎財閥の豪華クルーズ
燃堂、海藤、窪谷須の3人に、楠雄は自転車で行けるところまで遠出しないかと声を掛けられる。しかし、目的地を決めずテントや寝袋で野宿する……そんな高校生らしい計画を才虎が鼻で笑う。それもそのはず、才虎は豪華客船で太平洋をクルーズしたり無人島の別荘で余暇を過ごしたりするらしい。うらやましくなってきてしまった一同だったが、意外にも才虎は同行を許可。しかし、断ったはずの楠雄もなぜかメンバーに数えられていて!?

6.2 斉木楠雄の遭難1
才虎の所有する豪華客船に心躍らせる海藤だったが、すぐに船酔いしてしまい、客室で休むことに。しかし、次に目が覚めるとそこは青空の下でなぜか砂浜に横たわっていた。どうやら船が沈み無人島に流れ着いたみたいで……!? 無人島だけれど食料や水もあるし、日本の近海で沈んだのなら救助は早いだろうと安心する一同だが、一人浮かない様子の楠雄。なぜなら絶対に助けが来ないことを楠雄だけは知っていて……!?

6.3 斉木楠雄の遭難2
乗船中に原因不明の病が楠雄を襲ったせいで船が沈没したと思ったが、原因はほかのところにあった!? すべての状況を把握した楠雄は無人島からの脱出方法を考えるが、なかなか良い案が浮かばない。そうこうしているうちに海藤の精神は摩耗していき極限状態に。才虎はずっと海を眺めていて食事を摂らないし、目良にいたっては食事の時間にも姿を現さないという状況。一人、また一人と遭難生活に疲れが見え始めた……!?

6.4 斉木楠雄の遭難3
遭難生活に順応した目良が野草やキノコを調達してくれたおかげで一筋の光が見え始めたが、食料庫を覗くとなぜかカラッポ! 動物の仕業か、いやもしかして……!? この状況を見越してか、自然な感じで食料を浜辺に漂着させた楠雄。身銭を切って食糧問題を解決したが、どれだけ考えても脱出の方法が思いつかない。どうしたものかと考えていたけれど、燃堂のなにげない提案が楠雄に光明をもたらして……!?

6.5 斉木楠雄の遭難4
無人島からの脱出方法を思いついた楠雄は、多少不自然だけれどイカダ造りの道具を用意する。無人島に自生しているツタや、空のペットボトルなども活用してイカダを造る楠雄達だったが、遭難してから飲まず食わずの才虎は次第に追い詰められていて……? 一方、野生に返ったと思っていた目良にも変化が起きていた!? 才虎を除く全員で一丸となって作業を進めると、イカダの完成形が見えてきて……!?