妹さえいればいい。 (13) 小说

  • 出版社: 小学館
  • 价格: ¥640
  • 发售日: 2019-09-18
  • 页数: 296
  • ISBN: 4094518088
  • 作者: 平坂 読

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人读过
    そして、新しい日常が始まる。

    冬が終わり、季節は春。主人公達はそれぞれ、新しい一歩を踏み出していた。新シリーズを発表した不破春斗。出版社ブランチヒルに入社し、ついにプロの編集者となった白川京。大学のTRPGサークルでオタサーの姫と化した羽島千尋。そして10万文字のラブレターによって何かを掴んだ伊月は、今度こそ本物の主人公になるべく精力的に小説を書き続けていた。ゲームして旅行して酒を飲み、仕事して、恋をする。同じようで変わりゆく、新しい日常が幕を開けた。大人気青春ラブコメ群像劇、いよいよ最終章――前編!!
    more...

    收藏盒

    8.0 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    paolino @ 2d 21h ago

    同被彩插骗了。兄妹俩喂奶的地方笑死我了,千寻这乖孩子都被玩儿坏了,但是好可爱!比起依月那边的纯爱,春斗这边修罗场倒更有主角感。老贼对百合有莫名的执念啊,出道作也是百合,那么能不能再整点真货呢(

    日立温 @ 2020-1-15 00:54

    看到大野捧着花的插图挺欣慰的,将今日的喜悦送给已逝的挚友这种情节无论看几次都很触动。开幕第一幅彩插就看愣了,结果被平坂读耍了一把,白川京的编辑生涯总算拉开帷幕,希望她接下去能一帆风顺。伊月小说里把原本男二的位置让给京,真的让人很开心,对于读者来说,可能白川京和羽岛伊月就是本田和子小姐的翅膀吧。接下去的一个月可以在期待和妄想中迎接故事的结局了。

    更多吐槽 »