神殺しハイシュラ 弑神者海谢拉

  • 简体中文名: 弑神者海谢拉
  • 性别:

谁收藏了神殺しハイシュラ?

全部收藏会员 »
長い眠りに付いたセリカから女神の肉体の主導権を奪ったハイシェラ。容姿や声はアストライアのものだが、性格は当然ハイシェラのまま。女神の強大な力を手に入れた彼女は、オメール山を根城にその力でケレース地方の覇権を狙って戦乱を起こす。
    戦乱の行方はそこまでの選択肢でその結果が若干異なる。交渉によって和平を結びマーズテリア軍を退かせる、マーズテリア軍の勝利に終わり敗走する事になるが完全な敗走で部下の犠牲の元落ち延びる、部下と共に戦場を駆け抜け全員バラバラに落ち延びるなど。
    上記のとおり体は神殺しセリカの姿をしているため、後の伝説ではハイシェラの起こした戦乱もセリカの行ったこととして伝承されてしまっている。
    戦乱が終結した後は、オメール山の先史文明遺跡へと足を踏み入れ、そこで自身の過去と向き合う事になる。かつての主たる先史文明が生み出した遺跡機械の命令に逆らえず、全ての記憶をリセットされ元の兵器となるよう精神を乗っ取られかけるが、絶体絶命の危機にセリカが覚醒。「聖なる裁きの炎」で機械を焼き尽くし命を救われる。セリカの覚醒と共に女神の肉体から外へと弾き出されたハイシェラは、再び眠りに就こうとするセリカと再会の約束を交わした後、事後処理を白銀公に託しアムドシアスと共に何処かへと去った。
「君临非我手毁灭之地、有点无趣啊」

出演

吐槽箱